Maintenance





基本のお手入れ方法

お勧めはオイルやワックスを一切使用せず 「馬毛ブラシ」 のみを使用したメンテナンス方法です。 縦横斜めに軽くブラッシングする程度で構いません。 毛穴や縫い目の汚れを取り除き、革が正常に呼吸できる状態を保ちます。 また、ブラッシングによって革が含む油分が上がってきますので、防水性が向上し、艶やかな表情になります。 オイルやワックスで不要な油分を与えますと、柔らかくなることで伸びやすくなり、さらにはシミやカビの原因となります。ご注意下さい。


考察

STONEWALL の使用する革は生産の過程で充分にオイルを含ませた、いわば ”完成された革” 。 意識の高い優良なタンナー(皮革メーカー)ほど、メンテナンス不要の ”完成された革” を生産していると感じます。 お客様の手元で千差万別にメンテナンスされることで品質が左右されては、名門タンナーとしての誇りが許さないからではないでしょうか。 革も多種多様であるように見解も様々。 このメンテナンス方法が全ての革に適しているとは限りませんが、私共の使用する革には、革本来の生命力を活かした最適のメンテナンス方法だと考えています。


傷がついた場合の対処法

STONEWALL の使用する革は復元力の面でも優れています。 本来ならば少々の傷は使用していれば目立たなくなりますが、 ここではすぐに傷を目立たなくする対処法をご紹介します。 「布巾」 と 「馬毛ブラシ」 を使用します。 布巾はコットンがお勧めです。ウエスのようなものでも結構です。 まず布巾を水で濡らし固く絞り、斑にならないよう傷部分だけでなくベルト全面を拭きます。 革の表面がほんのり湿るくらいが理想です。 そして湿っている状態で馬毛ブラシでブラッシングを行います。 傷部分だけでなく、全面に行って下さい。 傷部分だけをブラッシングしますと、その部分だけ艶が上がることとなります。 あとは直射日光を避けて乾燥させれば完了です。 傷を完璧に消し去ることはできませんが、この方法によって随分と目立たなくなります。 あとは革の復元力に委ね、さらに目立たなくなるのを待ちましょう。 使用とメンテナンスを繰り返すことで着実に消えてゆきます。